Iloiloやってこう

アクセスカウンタ

zoom RSS 経済大国日本

<<   作成日時 : 2011/03/23 17:47   >>

トラックバック 0 / コメント 1

子どもの頃、日本は世界2位の経済大国だと教えられた。今は中国に抜かれて3位だが、要はほとんどの国が日本より貧乏だというイメージがあっとということだ。漠然と「日本は豊かな国」だと思っていた。だから、日本で働いていれば、楽しい人生が過ごせると思っていた。

高校の修学旅行は中国に行った。小遣い\15,000で余るくらいだったし、街もそれほどきれいじゃなかったからそのイメージは変わらなかった。
大学生になって、イギリスへ3週間の語学研修に行った。この時も周りは日本人が多いし、日本人以外はどっかの社長の息子など超お金持ちばかりだった。普通のサラリーマンの息子がこんなところに来れるんだから、日本はやっぱりお金を持っているんだなぁ、と思った。

会社に入って2,3年目のときに、フランス人やイタリア人と働く機会があった。彼らは8時‐5時で帰るし、土日は働かない。年末や夏休みは2週間〜1ヶ月ほどある。もちろん、仕事はきちんとしている。服もちゃんとしたのを着てるし、ご飯も普通に食べてるから、貧乏じゃない。むしろ我々よりも豊かなように見えた。そんなとき、自分たちは朝から夜中まで働いて、下手すると休日も働いたりしていた。このときだろうか、日本は自分が思っているほど、楽しい国ではないのではないかと思い始めた。それから、3年前に会社を辞めるまで、何度か国内や海外出張で外国人と働いたが、その疑問は大きくなるばかりだった。

そして、いま、フィリピンに半年間住んでみて感じているのは、別にそんなに豊かじゃなくたって楽しく暮らしていけるんじゃないかということだ。
僕はいま1ヶ月約\30,000で生活している。これは家賃、水道、電気、ガス、食事全部含む。確かに質を求めればまだまだではあるが、日本の値段と比べたときの割安感が大きい。
家にはアリや蚊はいっぱいいるし、蠅もいる。でも、敷地は広いし庭もある。子供が十分走り回れる広さだ。
電気や水はたまに止まるが、たいていすぐに復旧する。
食べ物も日本みたいに形はきれいじゃないが普通においしい。値段は日本の10分の1くらいだ。
フィリピンもこの食費が稼げずに貧困に苦しんでいる人もいるから、100%この国がいいというわけではない。

言いたいのは、多少生活レベルを落としても生活はできるし、ヨーロッパのようにやり方次第ではしっかり休みながら仕事もできるということだ。具体的な方法はまだ思いついてないので、言いっぱなしで申し訳ないが、思いついたら実践しようと思う。



(追記)ぼんやりと思っていることを文章にしてみたらまとまるかと思ったけど、いまいちすっきりしてないなぁ。
free counters

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
裕福イコール幸せではない。心の豊かさこそが大事です。お金を稼ぐ事に頭を使うよりも、自分にとっての幸せとは何かを常に考える事だと思う。
今、原発の必要、不用についてネットで討論してるけど、今の生活レベルを落としたくないからやっぱり必要って人が8割強です。日本人は経済成長、文明の発展=幸せと言う幻想から抜け出せないのかねえ。現実に今、胸を張って幸せですって言える日本人何割いるんだろ。
みのちゃん
2011/03/23 20:04

コメントする help

ニックネーム
本 文


Twitterブログパーツ
Twitterブログパーツ

マイリンク

経済大国日本 Iloiloやってこう/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる